7月11日(土曜日) 【動画】JMGC・1977

0

    中澤です。

    はるか昔、今から考えればクラブ創成期。私は30歳でした。

    の頃クラブのインストラクターを手伝ってくれていたのが、小濱明彦氏でした。慶應一筋の慶應ボーイの小濱氏はその後、日本航空に入り、767のキャプテンでした。

    その後、FDAに移り、名古屋ベースで活躍していましたが、不慮の病で昨年、亡くなってしまいました。

     

    その小濱氏が編集した8mmを奥さまが再編集しました。
    40年前の大利根、40年前の私や小濱、三田くんも登場します。

     

    URL:https://www.youtube.com/watch?v=J0AECzzdbcU

     


    どうぞお楽しみください。

     

    中澤 愛一郎


    7月10日(金曜日)

    0

      ◆ドイツからのたより

       

      中澤です。

      バンベルグにある、今では数少ない羽布張りができる修理工場「アイヒェルスドルファー」のルーホとは先代が現役の頃からの付き合いです。

      羽布張りやドープについても意見交換を行っています。

       

      その彼から、ドイツの近況を知らせてきました。お互いに最初の話題はコロナです。

       

      Dear Ai san,

      many thanks for Your E-Mail.

      We also avoid to visit big cities or travel by bus and train.

      In the Bamberg region we have no new infections since 2 weeks now.

      Flying is allowed in Germany since end of May, so we have almost regular conditions.

      We have constructed a shield for ASK 21 as You can see on the picture. The clubs can train their members with this shield installed.

      We have a new product line for polyester fabric covering, which isn’t based on nitrate but on vinyl.

      We sell these products only to customers who have been in our company for a workshop.

      We are planning to make a film for those customers who have no possibility to come to us.

      best regards,

      Luvo

       

      ASK21の前後席のあいだを透明のアクリル板で仕切って飛んでいるとのことです。

      E001.jpg

       

       

       

       

      EASA AD2020-0158 (SB-G09/1)関連のお知らせ

       

      このSBの関連でヘルムート・リンドナーと連絡を取っています。彼はJMGCがまだFRPの修理の経験の無い頃、私の家に寝泊まりしながら機体の修理をした仲です。

       

      このSBの関連作業ではリベットの手配をヘルムートに依頼したついでに、エレベーター・ロッドの材料も送ろうかとの事でした。

      このサイズはG109Bにすでに出ているTCDにも適用できるので依頼したところ、今日、届きました。

      B01.jpg

       

       

       

      ◆トレーラーの2軸化

       

      トレーラーのオーバーハングの規定がヨーロッパと日本の違いから、日本で車検を受ける場合、車軸を後方に移動させなければなりませんでした。

       

      B03.jpg

       

      車軸を後方に移動させると、前方の荷重が重くなりすぎ、扱いが大変でした。これを解決するため、元の位置に同じ車軸を取り付ける改造を行おうと思い、車検場と打ち合わせを行っています。

      今日、車軸を2軸にしてみました。

      B02.jpg

       

       

       

      (写真、文:中澤 愛一郎)

       

       

       


      7月6日(月曜日)

      0

        ◆梅雨ですが・・・

         

        梅雨も末期だそうで、雨が続いております。

        そんな最中、某月某日の大利根近況をお伝えします。

         

        少しづつフライトも増えて元の状態を取り戻しつつある大利根飛行場ですが、ここでも新しい日常、つまり「NN(ニューノーマル)」は必須です。

        社会的距離を積極的に取る「JMGCの生き字引」とJMGCの歴史そのものである「ボス」のご両名。

        IMG_0984.png

         

        「出発!出発!」久しぶりに、愛さんに曳航してもらいました(故障による牽引)。

        IMG_0987.png

         

        英さんがG109のスポットの白線を引いてくれました。もうズレたときに言い訳できません。

        IMG_0986.png

         

        梅雨ですが鳥天国は続きます。とある方が巣を撤去中。

        A89010AE-128E-4A81-BFAD-3186D7DA6562_1_105_c.png

         

        結果、卵を5個ほど割りました。ちょっと胸が痛みます。

        IMG_0992.png

         

        胸は痛むのですが、それでもハスキーの練習をする某氏。

        AE-128E-4A81-BFAD-3186D7DA6562_1_105_c.png

         

        こちらは天真爛漫にフライトを楽しむさかツバさん。

        IMG_1004.png

         

        みんなマスクであやしいのなんのって。

        IMG_0999.png

         

        直美さんです。ファミチキをパンで挟んでました。

        一般にはこれを「調理」とはいいません。

        IMG_0982.png

         

        お腹がいっぱいになったので、飛行機の特操審を受けることにしました。

        IMG_0997.png

         

        曇り空の下で、めいめい勝手な事をやっていた、とある日の大利根近況でした!

         

         

        (写真、文:垣内)

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        7月2日(木曜日)アステアシリーズのSB

        0

          ◆グローブ・アステア・シリーズのSB

          中澤です。
          リンドナー社発行のSBに対処するため、チューブラー・リベットと工具を注文していましたが、同じく注文したTwin IIIのエレベーター・ロッドと一緒に届きました。

          早速、アステアーCSのスチールの溶接されたロッド1本と、チューブラー・リベットで上下の金具が固定された、中にマスバランスの入っているタイプ2本の内部検査を実施してみました。

          到着したチューブラー・リベットとダイ。
          01.png

           

          左が溶接されたロッド、右がチューブラー・リベットで固定されたロッド

          02.png

          溶接のロッドは水が内部にたまらないようにフォークの真ん中に6mmの孔を開けます。

          03.png

          開けた6mmの孔から内部を点検するが、光が入らず内部の状態は分からなかった。

          04.png


          リベット留めタイプに内部点検のため、リベットの頭を取り除く。

          05.png



          内部から出てきたマスバランスは結構錆びていた。

          06.png



          ロッド内部の腐食を見るために、第2工場のカテーテルが登場しました。

          07.png



          多少、錆びらしき物か確認できました。

          08.png



          溶接されたロッド(アステアCS)のロッド内部はきれいな物でした。

          09.png



          エレベーターロッド内部のマスバランス。写真上はきれいでしたが下は錆びが出ていました。

          10.png



          ロッド内部を清掃し、組立ました。

          11.png



          錆びの出ているロッドは再度、内部の錆を除去し、再検査を行います。



          ◆ドープの情報

          三田が独自にドープを作っていますが、アメリカからも輸入できるようになりました。
          フレーマブル品のため、輸送賃がかなり高額ですが、無いよりはましです。
          当面はこのドープを綿の羽布には使って行きます。
          12.png
           

          (写真・文:中澤 愛一郎)
           


          6月21日(日曜日)

          0

            ◆6月21日、夏至

             

            藤沼です。

            一年で一番昼間が長い「夏至」ですが、日没が一番遅いのはその数日後。
            大利根のパイロットは日没が遅い方が嬉しいです。
            関東はあいにくの曇り空ですが、JMGCの活動も静かに再開しています。

            sIMG_6268.png


            事前に連絡いただいたクラブ員、それに応じた人数の教官陣がフライトします。
            クラブハウスはがら〜〜んとしてます。

            sIMG_6269.png


            曇り空のお陰で屋外が快適、マスク&ソーシャルディスタンス、横並びで飛行機談義に花が咲きます。

            sIMG_6271.png


            3ヶ月ぶりにPICで単独フライトに出たいけど、レビューフライトをこなす五十嵐さん。
            安定したFLTです。きちんと感覚を取り戻してます。

            sDSC00544.png

             

            右席で暇な教官は写真を撮ってます。

            sDSC00535.png


            その後単独フライトに出ましたが、、、、雨雲接近でローカルFLTだけ。ちょっと残念。

            sDSC00542.png

             

             

            (写真、文 藤沼さん)

             

             


            6月20日(土曜日)

            0

              ◆徐々ににぎやかに

               

              梅雨の合間、珍しく晴れた週末となりました。

              活動再開した大利根の様子をお伝えします。

              th_IMG_0910.jpg

               

              まずは自粛期間にストレスが溜まったけいぶんさん。

              今日も一人で上空へ飛び上がって・・・・何してたんですか?

              th_IMG_0893.jpg

               

              降りてくるとせっせと操縦席の消毒です。雷様も微妙な距離をとってサポート中。

              th_IMG_0896.jpg

               

              そして、その雷様も数カ月ぶりのフライト。

              ブランクを存分に楽しんだようです。

              th_IMG_0945.jpg

               

               

              JA01DAが飛んでいます。気持ち良さげです。

              th_IMG_0938.jpg

               

              大曽根さんがアンフィビアンのカブを整備中。

              雨でフロートに水が溜まったのを抜いているんだとか。専用のポンプとそれ用の穴があるんです。

              th_IMG_0915.jpg

               

              エンジンも整備します。

              th_IMG_0923.jpg

               

              戸辺さんが技量維持でセスナでフライト。いつもディモナで一緒のみのりかわさんと共に。

              th_IMG_0941.jpg

               

              外にいるけどソーシャルディスタンスがちょっと足りない?仲良しな皆さん。

              th_IMG_0949.jpg

               

              長きに渡った移動自粛が解除になり、小池さんがやっと大利根に戻って来られました。

              早速グローブに高橋さんを乗せて自主訓練です。

              th_IMG_0961.jpg

               

              いやー飛んだ飛んだ!!

              th_IMG_0947.jpg

               

              ということで、徐々に賑わいが戻りつつある大利根でした!

               

               

              (写真、文、垣内)

               

               

               

               


              6月18日(木)工場より

              0

                ◆ロータックスエンジンの整備

                 

                中澤です。

                整備工場では三科がロータックスのエンジンの整備を行っています

                ちょっと興味深いことがありましたので、ブログでお知らせします。

                ロータックス・エンジンをお使いの方はお気を付けください。

                 

                キャブレターの点検に、キャブレターのフロートの重さを量る項目があり、フロートのSBが何回か出ています。

                今回のフロートはSBでは不該当なフロートでしたが、重さが規定以上で使えませんでした。

                 

                フロートの重さやアンバランスはエンジンの不調に直結しますので、気をつけて整備してください。

                 

                 

                ・フロート

                 外観はこんな部品です。

                005.png

                 

                 

                 

                ・フロートの拡大写真

                 マークが3つついており、SBには不該当なはずのフロート

                001.png

                 

                 

                 

                ・正常なフロート

                 2つの合計重量が7g以下、左右差 は0.1g以下です。

                004.png

                 

                 

                 

                ・異常なフロート

                 1つのフロートで重量が6.3gあり、合計重量と左右差どちらもオーバーしています。

                002.png

                 

                 

                 

                 

                ◆グローブ・アステア・シリーズのAD/SBについて(第2

                 

                前回お知らせした、リンドナー社からのSB-G09は先日、EASAADになりました。

                また、リビジョン1が発行され、適用機種が増えました。

                 

                JMGCはアルミ製のロッドに使用されるテューブラー・リベットと工具をリンドナー社に注文し、来週には入手できることになりました。

                このリベットが届いてから、アルミ製のロッドとスティール製のロッドを調べてみます。また次回にその結果をお知らせします。

                 

                 

                ・オリジナルのSB

                scan-23.png

                 

                 

                 

                ・改定されたSB

                scan-24.png

                 

                 

                (文、写真 中澤 愛一郎)

                 

                 

                 

                 


                6月15日(月曜日)

                0

                  ◆クラブ再開について

                   

                  JMGCの佐々木です。新型コロナウイルス感染拡大対策にご協力頂きましてありがとうございます。

                  619日に首都圏等からの件をまたいでの移動自粛が解除されることとラインセンサーによるクラブフライトで運用方法の確認ができたことから620日(土)より同乗訓練を含むクラブフライトを再開いたします。

                  クラブフライト再開に伴いましてフライトは予約制にさせていただきます。この予約は時間の予約ではなく当日フライトする意思を表明していただき人数の把握をしたいと思っております。

                   

                  前日までに下記メールアドレスまたは飛行場へ電話いただきご予約をお願いいたします。

                  予約していただいた方は飛行場に来ていただき来た順番でホワイトボードに名前を記入していただき順番にフライトします。

                  (ここは従来通り)

                   

                  アドレスはこちら → yoyaku@jmgc.co.jp

                  ※メールのトラフィックを少なくするためMLではなくこちらへお願いします。

                   電話はこちら →  0297-86-8860

                   

                  毎フライト後の消毒や換気のためフライト出来る数は限られてしまいますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

                  なお体験搭乗はまだ見合わせます。お友達等をお乗せしたい方はもう少々だけお待ちください。

                   

                  クラブハウスはなるべく使用しないようにお願いいたします。

                  外のベンチも愛さんがたくさん作ってくれて増えました。外でゆっくりとお過ごしください。

                   

                  梅雨時期に再開となりますが天候の良い日を狙って飛行場へお越しください。

                   

                   

                   

                  JMGC飛行場担当

                  主任教官 佐々木 匡

                   

                   

                   

                   


                  6月13日(土曜日)

                  0

                    ◆三田工房

                     

                    中澤です。

                    東京都も「東京アラート」が解消され、ステージも3に上がりましたね。
                    クラブも何とか19日以降に完全再開を望んでいます。
                    今日は「三田工房 第2弾」をお送りします。

                    Ka8の修理は順調に進んでいます。胴体はほとんど終わり、現在は主翼に移っています。

                     

                    kM01.jpgkM02.jpgkM03.jpg



                    ◆ドープ

                    エアロンカやパイパースーパーカブ、グライダーではKa6、Ka8、 ASK13など羽布張りの飛行機やグライダーが全盛なころは羽布に張る塗料であるドープは何時でも入手可能な塗料でした。

                    しかし、だんだんに需要が無くなる中で国産のドープの供給が無くなり、我々はドイツから輸入していました。しかし、去年当たりから、ドイツも従来のスパンラック、クレベラックの生産が中止になり、全面的に化学繊維系用のドープのみになってしまいました。

                    と言う経緯から、三田工房では少ない資料から「地ビール」ならぬ「地ドープ」の実験が続けられています。

                     

                    kM04.jpgkM05.jpg

                     

                     

                     

                     

                     

                    (写真、文:中澤 愛一郎)


                    6月7日(日曜日)

                    0

                      ◆フライトびより!

                       

                      だったようです(笑)

                      なにせ会社員のブログ担当者は自宅でテレワーク中、日曜も飛行場には行けず・・・

                      で、現場写真のみ送っていただきましたのでご紹介。

                       

                      藤沼さんより、JA365Lからの景色が届きました。

                      気持ちよさそうですね!!!!飛びたいなあ。

                      th_sIMG_6234.jpg

                       

                       

                      以下、五十嵐さんからの画像です。

                      スピードカナードが久しぶりの防錆運転で飛んだようですが、その手前の点検中。

                       

                      こうなって・・・

                      th_IMG_0850.jpg

                       

                      こうなったのは・・・

                      th_IMG_0852.jpg

                       

                      こいつ(鳥の巣)のせいでした。見事な巣ですね。鳥さんごめんなさい。

                      th_IMG_0851.jpg

                       

                      小山さんのピッツが飛来したようです。メチャかっこいい。

                      th_IMG_0848.jpg

                       

                      噂では黄色の水上機カブも動いたようです。

                      カナード、アンフィビアン、バイプレーン・・・普通じゃない機体が集まるほどに、大利根らしさがマシマシですね。

                      以上、写真だけでもちゃんと伝わる、大利根近況でした!

                       

                      (画像:藤沼さん 五十嵐さん 文:垣内)

                       

                       

                       


                      | 1/17PAGES | >>